プラモデルの外壁塗装について

外壁塗装

外壁塗装について

プラモデルの外壁塗装について

大阪のプラモデルを外壁塗装するときは、まずサーフェイサーというものを吹き付けます。
サーフェイサーとは、大阪のプラモデル塗装の下地材の事です。
部品に凹みなどがあるようであれば、パテで埋めたり、粒子の粗いサーフェイサーを吹き付け、ペーパーがけをして表面を均しておきます。
最終的に吹くサーフェイサーは、1200番相当の目の細かいものを使います。
1200番相当と言うのは、紙やすりの1200番で磨いたのと同程度の表面粗度になるものです。
最終のサーフェイサーを吹き付けた後、プラモデルの部品の表面をチェックして、問題なければ塗装に移ります。
外壁塗装は、プラモデル用の塗料を筆で塗装するか、缶スプレーでも販売されていますので、それを吹き付けるかします。
外壁塗装塗料の種類が多いのは筆で塗装するタイプのものです。